しかし暑いですね

暑い、って言わないようにしているけど、やっぱり暑い海辺です。 夕日がとても美しいAOからの風景の写真をアップ◎ おやすみさせていただき、愛媛県大洲市へ、ボランティアへいってきました。 明日19日(木)11時半~オープンしています。 かき氷もやってますーーー! 大洲市は、内子町に友だちの農園があり遊びに行ったとき、一度だけ訪れたことがありました。 伊予の小京都と呼ばれる旧城下町で、臥龍山荘からの眺めは、とても風光明媚でした。 いろいろ調べて宇和島も今治も気になったけど、今回は、大洲へ。 大洲インターを降りると、すぐに浸水被害のため、大型店やホテルやお店も営業できず、片づけにおわれていました。 あえて、写真は写さずに、心に焼きつけてきました。 ボランティア受付の大洲市社会福祉協議会へ行くと、マッチングで道端の大きなゴミをトラックへ分別する力仕事になりました。 東日本大震災の3か月後、宮城県亘町のボランティアで、個人宅の津波被害の泥だしを手伝ったことがあるので、大きなスコップと小さなスコップも持っていってましたが。 大型電化製品やら、家具やら、細々したものなどなど、ごちゃごちゃに高く積み上げられたゴミが、道端のあちらこちらに集められています。 水を含んだ畳とか、すごーく重くて、それから暑さもハンパなく、大量の汗が流れます。 作業していて、大きなビニール袋を持ち上げたら、少し破れて、腕に何か中のものがついた、と思ったら何やらクサーーイ!! どうやら、ウンチでした。 しかーし、長袖シャツを着ていて助かった! 3連休もあったので、たくさんのボランティアが訪れていますが、まだまだ、山積みのゴミが置かれています。 そして、被災された方々のことを思うと胸が苦しくなります。 ここ大洲だけでも、この状態なのだから他の被災地もと考えるともう涙が溢れてきます。 そして、被災された方々の衛生面や健康面、心のケアも、もっともっと必要だと思います。 ボランティアでなくても、義援金というサポートもありますので、どうぞ、それぞれの形で。 今回のボランティアへ行くさい、嬉しかったこともありました。 私たちがボランティアへ行くと知って、私たちの熱中症対策のために、上板町の福祉施設ニヤリーのみんなや、マニスバリのかなちゃんが、冷却スプレーや塩分補給のタブレッツなど、たくさん持たせてくれてたのが、一緒に作業したボランティアのみなさんにも喜んでもらえたこと。 それと、ニヤリーのスタッフが、スタッフ同士で募金を集めていたら、それを聞いていた利用者のKくんも何かを感じ取って小銭をかき集めてくれました。 (ゲームのコインみたいなのもはいってましたが、1400円ほどありました、とのこと) 本当に、ありがとうございました◎ お預かりした物資や義援金も大洲市へ運びました。 みんな、心より、感謝しています。 被災地にも生活があり、私にも生活があるので、前に進むために、AOもAOの役割を果たしていこうと思います。 海を見ながら、ゆっくりと過ごしていただきたいと思います。 あっ、かき氷やってますーーー!

瀬戸内の海辺の喫茶店 AO

徳島県鳴門市の海沿いにある喫茶と雑貨のお店です。 徳島県鳴門市北灘町折野字桜井56 tel 088-682-0780

0コメント

  • 1000 / 1000